相乗的に売上向上を実現する総合コンサルティング

「ウェブ対策はうまくいっているはずなのに問い合わせがこない」と悩まれる担当者様は少なくなりません。。

ホームページ制作後の悩み

「フラッシュを入れ込んだ格好いいサイトを作ったのに、反響がない。」


SEO対策で上位表示した後の悩み

「SEO対策をやって1ページ目にきたのに、反響がない。」


リスティング広告を出した後の悩み

「広告で上の方にいつも出るようになったのに、反響がない。」


きれいな動画を入れた、SEO対策をやった、流行のツイッターやフェイスブックも。それでも思ったほど売上が上がらないのはなぜでしょうか。実は、ウェブ対策はうまく連携させることで初めて目に見える効果につながります。


反応のよいサイトを作るために

[各種リサーチ] → [デザイン] → [アクセス分析による継続的改善]

SEOや広告でサイトを露出させることで、アクセスが集まります。アクセスが集まったら、アクセス解析ソフトを使い、訪問者の傾向や求めていることを分析します。

デザインや文章などの見せ方を継続的に改善していくことで、成約率の高い売れるホームページになっていきます。

SEO対策で失敗しないために

上位表示を狙うべきキーワードは、リスティング広告を出した結果を分析することで見つかります。

どんなキーワードで検索した人から売上が上がっているかを分析して、その上でSEO対策をすれば間違いがありません。

もし、そのようなテストをしないままキーワード選定をした場合、もしかすると「3ヶ月かかって上位表示したのに全然売上につながらないじゃないか」、ということにもなりかねません。

また、リスティング広告で売れるキーワードが分れば、同じキーワードでSEO対策をすれば同じように売上につながります。

リスクを抑えた、あるいは集客効果の高いSEOをするためには、リスティング広告のサポートは欠かせません。


成約につながるリスティング広告の運用法は?

広告を運用しながら、アクセス解析をして改善点を見つけ出します。

広告のリンク先となるページを追加・修正してHPに改善点を反映いくことで、成約率は上がります。

結果的に顧客獲得の費用を下げ、費用対効果の高い広告運用につながります。


~~~~~~~

聞き慣れない言葉があったかもしれませんが、それぞれの施策が密接に関連し合っているということはお分かりいただけたのではないでしょうか。

このように施策を個別に行うよりも、一元的に連携をとりながら運用していくことで、改善のサイクルをまわしていくことができます。

お客様にとってはリスクを最小限に抑えながら利益を継続的に拡大していくことができるプランとなっています。

Copyright(c) 2011-2017 Rubicon Marketing Inc. All Rights Reserved.