【特長1】お客様の利益を最優先にする。成果地点へのこだわり

私たちが特に重視している、「何をもってサポートの成果とするか」についてご説明します。

一般的にはSEO(検索エンジン対策)での順位、ウェブ広告での露出(表示回数)、サイトへの訪問者数やページビュー などの数値を成果とするケースが多いようですが、私たちが目標とするゴールはちょっと違います。

あくまで「サポート前後でどれだけお客様の売上が向上したか」ということ、さらに 「最終的にどれだけ利益が残ったか」というところに焦点を置いています。

そこにこだわるのには、ある経緯があります。

・「きれいなサイトを作ったのに、全然お申し込みがないよ」
・「多額のSEO対策費を払って上位表示したのに、商品が売れない」
・「アクセスは毎日100人もくるのに、先月電話がなったのは2回だけ・・・」

このような相談を受けることが多かったのです。

その背景には、ウェブ集客に関する多くの誤解があります。

「かっこいいサイトを作れば紹介されるだろう。」「検索エンジンで上位表示すればアクセスが集まって予約がくるだろう。」 「アクセスを集めれば問い合わせがくるはず。」

ということ。残念ながら、これらはすべて誤解なのです。

売上を相乗的に改善していくためには、過程の一部だけでなく、全体を連携させながら最適化していく必要があります。

全体の連携がうまくいったかというのは、売上からコストを差し引いた利益の部分にフォーカスする必要があると考えているのです。、

~~~~~~~~

補足ですが、それに加えて、あくまでお客様の利益を追求するのには、このような理由もあります。

例えば、「○○で1位」といったSEO対策による検索順位を成果としないのには、キーワードによって上位表示した場合の集客効果が異なるためです。詳しくは 利益に結びつかないSEOのキーワード選定の例でご説明しています。

(参考)

訪問者数やページビューを成果としない理由

ウェブ広告の表示回数を成果としない理由

3つの特長
Copyright(c) 2011-2017 Rubicon Marketing Inc. All Rights Reserved.